補聴器の種類について

img-1

補聴器という聴力を補助してくれる医療機器には様々な種類が存在しており、主にどのように装着するのかによって分類することができます。

それによって目立ちにくいものもあれば操作しやすいものもあり、自分の生活スタイルによって使い分けることができるようになっているものもあります。



基本的に補聴器の基本的な機能に関してはどの種類も同じようになっているため、自分が使いたいものを自由に選ぶことができます。



ですが、実際にはどのような種類のものを使用すればいいのか分からないという人も多いです。



そのような場合には販売店にいる専門員に相談しながら、直接装着することでどれがいいのかを確認するというのが一番いい方法となっています。



と言うのも、補聴器の種類はどれも基本的な機能は同じですが操作の方法や装着の方法が異なっていますし、そのメンテナンスなども異なっています。



また、聞こえ方に関しても異なっており、自然に聞こえやすいものや高出力で周囲の音を拾うことができるメリット面が強いものもあれば、音を拾い過ぎて雑音が多いものやハウリングが強いものなどでメリット面も存在しています。


また、自分が補聴器を使おうと思っている場面や状況によって適している補聴器の種類も異なっているため、まずは自分がどのような場面や状況で使うのかを明確にしておくことが大切です。その上でどれを使うのが自分に適しているのかを探してみることがいいとされています。



関連リンク

img-2
さまざまな種類の補聴器

現在、補聴器には様々な種類のものがあり、それぞれに特徴や使いやすさの違いなどが存在しています。代表的なものには耳穴に収まるような種類のものがあります。...

more
img-2
補聴器の種類・耳かけ型について

補聴器にはその見た目や性能によって多種多様な種類があり、その中のひとつに耳かけ型と言うものがあります。これは名前の通り耳にかけて利用するタイプの補聴器であり、耳の奥まで直接入れ込むというわけではないので違和感が少なく、比較的使用しやすい種類のものとして利用している人も多くなっています。...

more
top